【スタッフKEI】TRIUMPH T140ボンネビル♯1(腰上リフレッシュ前編)

久しぶりのT140Bonneville。エンジンかけるとマフラーから真っ白の煙がモクモク💨古い英国モノだから蒸気機関なのかな?🚂冗談はさておき見事なオイル下がりです…。

エンジンを見ると前オーナーが液体ガスケットで必死にオイル漏れを防ごうとした形跡がありますね笑

なので腰上をバラして調整をしつつガスケット交換をしていきます。イギリスのパーツってこんな風にビニールで圧着したような梱包が多い気がします。これ開けるの面倒なんですが😥

エアクリーナーBOXは金属製。今では考えられない仕様です笑

エキパイも外します。トライアンフって昔も今もマフラーステーをタンデムステップで固定するスタイルを貫いてます。だからと言ってどうこうある訳ではございませんが笑

タペットカバー取り外し。今でこそボンネビルはDOHCですがビンテージボンネビルはハーレーと同じOHVです。

ヘッドを外して洗浄。ピストンとバルブもカーボンの蓄積で新たな地層を生んでいたので綺麗に洗浄。ビフォーアフターを撮っておけばよかったですね…引くほど汚れていました💦

シリンダーはリペイントしてホーニングもしておきます。ヘッドも歪み無く綺麗な状態だったので良かったです😭

さて次は組付けですね♪続く…。

【整備士募集】
エスケープで共に働いてくださる
スタッフ募集!