【スタッフKEI】修理DUCATI 1199PanigaleS(後編)

…ドカは一筋縄ではいきませんね。笑

走行会は間近なので当然ディーラーにパーツ注文していては間に合わない。

“走行会だけ耐えれたら充分”とのオーダーですが高熱高圧に晒される箇所なので液体ガスケットなんかじゃ到底カバーしきれない。

頭で考えていても仕方ないのでとにかくサーモスタッドを外します。本当はもっと各部バラさないといけませんが時間が無いので最短ルートでアクセスしました💦

ここの破損がクーラント漏れの原因ですね。サーモスタットを押さえるピンもグラグラ…かなり頑丈に修正しないといけませんね😗

という訳で裏側にゴムシートを張り付けて樹脂溶接します。これで漏れが治まれば…

ピンがグラつかないように表面も樹脂溶接で補強します。

横着して外したから組付けるのも厄介。手つりそう😩笑

写真を撮り忘れましたがクーラントにはWACO’Sのヒートブロックプラスを選択。ワコーズさん激押しの商品です🙂前のクーラントが残っていると効果が落ちるとのことなので冷却ラインを綺麗に流してから投入します。

大胆にクーラントをこぼしたのでバイクを洗車しました笑

バイクを拭き上げる間アイドリングで様子を見ましたがサーモやファンなどの冷却機能もしっかり作動しているようで水温は平均100℃ほど、最高104℃と安定しています♪余談ですがパニガーレは走り出すと110℃を超えます🔥さて試乗へ…

心配していたクーラント漏れも治まってイイ感じ!最新のデスモセディチもいいけどスーパークワドロエンジンもいいですね✨ドゥカティの鼓動やパワーバンドの乗り味に慣れた人ならスーパークワドロの方が親しみやすいかも😁

これなら走行会も充分走ってくれると思います!時間ができたら今度はサーモケースを新品に交換しましょう👨‍🔧

【整備士募集】
エスケープで共に働いてくださる
スタッフ募集!