【スタッフKEI】修理「DUCATI PanigaleV4S(後編)」

パニガーレ恒例フルードのエア噛み。V4は強烈な熱に晒されるので数千㎞も走るうちにエアが噛みます💦リコールで対策はされましたが完治はしないようで、ドゥカティのディーラーメカニックさんも「すごい熱ですからね」と半笑い😅笑

なので前後ブレーキとクラッチのフルードにもASHのスーパーDOT4を入れます。通常のフルードよりも耐熱性に優れた高級フルードです✨

余談ですがバッテリーは純正でリチウム。リチウム専用の充電器を使わないとバッテリーがダメになるので要注意です。

サイドカウル裏のビス止め部分が破損してカウルがズレていたので修理します。普通であれば新品のカウルに交換ですがきっとお高いと思うので…

ビス止め部分を作って

カウルに樹脂溶接。同色でペイントしたら完成✨カウルがズレていたらせっかくの格好良いバイクが台無しですからね♪

リアブレーキスイッチも破損していたので修理。これで一通りの作業は完了!いよいよ試乗です😤

心配していたクラッチのオイル漏れも一切無く調子は絶好調♪リアブレーキの踏込みが深かったのでそこだけ少し調整して完成です🎉

それにしても相変わらずのモンスターマシンですね💦色々な車種を試乗していますがパニガーレは異次元に速い!この刺激的な加速がイタリア車なんですよね♪これに魅せられてみんなドゥカティストになっていくんです笑

【整備士募集】
エスケープで共に働いてくださる
スタッフ募集!